携帯電話基地局の電波「生体への影響なし」--携帯電話事業者3社が発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの携帯電話事業者3社は1月24日、携帯電話基地局の電波の生体への影響を調べることを目的として、2002年11月から共同で実施している細胞実験の結果を発表した。

 実験は、異なる特徴を持つヒト由来の細胞4種類およびマウス由来の細胞1種類に、携帯基地局の電波の防護指針値と同レベルから10倍に相当する強度の電波を照射し、電波の生体への影響を幅広く検討するもので、3社の委託により三菱化学安全科学研究所が実施した。

 判定する項目は、社会的リスクに対する安全性を評価する場合に必要となる項目に、高い関心がもたれている発がん性に関する項目を加えた、1)細胞の増殖、2)細胞のDNA鎖切断に対する影響、3)細胞のがん化作用(形質転換)、4)遺伝子の働き(遺伝子発現)、5)ストレスおよび細胞死の誘導(情報伝達)に対する影響――の5項目で、これら全てについて評価を行ったところ、いずれも生体への影響は確認されなかった。

 3社は、今回の細胞実験により、細胞レベルおよび遺伝子レベルでの電波の生体への影響が確認されなかったことから、携帯電話基地局からの電波の安全性について改めて検証できたとしている。また、これまでに得た結果は、電波が細胞構造や機能(DNAや遺伝子の働きなど)に影響を与えてがん化するかもしれないとの主張を否定する科学的証拠の1つになるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加