捜狐 vs MPAAの著作権訴訟--中国の裁判所が米国著作権保有者に有利な裁定

文:Harry Fuller(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年01月17日 18時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国の著作権保有者と中国のインターネットポータルの間で争われていた裁判で、中国の裁判所が米国の著作権保有者に有利な判決を下したと、The Wall Street Journalが報じている。

 北京の裁判所はポータルサイトの捜狐(Sohu.com)に対し、他者の著作権を侵害しているとして、13万ドル以上の罰金を支払うよう命じた。

 捜狐はオンラインで映画を公開したかどで全米映画協会(MPAA)から訴訟を起こされていた。中国での今回の判決は、中国政府が英語圏の4つの業界団体と著作権保護に関する合意を結んでからまだ2週間も経たないタイミングで下された。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加