ソフトバンクモバイル、「3Gハイスピード」対応端末を12月下旬から発売

エースラッシュ2006年12月15日 16時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルは12月14日、高速データ通信サービス「3Gハイスピード」に対応した携帯電話端末「SoftBank 709SC」を12月下旬以降に発売すると発表した。

 709SCはサムスン電子製の端末で、HSDPA方式に準拠した高速データ通信サービスである3Gハイスピードに対応している。下り最大1.8Mbpsのベストエフォート通信が可能となっている。Bluetooth機能を搭載しているほか、英和と和英に対応した辞書機能、英語、中国語、韓国語の例文翻訳および読み上げ機能を搭載している。

 本体デザインはスライドタイプで、約12.9mmの薄型だ。ディスプレイは2.1インチ、カメラ機能は有効画素数200万画素で、最大約8倍のデジタルズーム機能付きとなっている。カラーバリエーションはパープル、シルバー、ホワイト、レッドの4種類だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加