人気は「白い10万円台前半」、シェア1%の攻防三つ巴で続くノートPC市場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 液晶サイズは15.4型ワイド、色はホワイト、テレビ機能はなし、価格は10万円台前半――。年末商戦序盤、売れ筋ノートPCの共通点だ。「BCNランキング」で上位3機種を占めたのは、富士通、東芝、NEC各社の秋冬モデル。いずれも同じ価格帯でよく似たデザイン。販売台数シェアもほぼ横並びで年末商戦にもつれ込んでいる。

●10万円台前半のお手頃モデルが人気、上位3機種でシェア3割を突破

 12 月第2週(06年12月4日−12月10日)の「BCNランキング」ノートPC機種別第1位は、富士通の「FMVNF40T」が4週ぶりに獲得。2位は 0.9ポイント差で東芝の「PAAX940LS」、3位は1.2ポイント差でNECの「LL550/GD」だった。ここまでの上位3機種だけで、ノート PC全体の販売台数の約3割を占める。

【図と記事詳細はこちら】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加