Web 2.0の挑戦者:世界のトレンドとひらめきを追いかけるPSFK - (page 2)

文:Emily Chang 翻訳校正:吉井美有2006年11月28日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

半年後、あるいは2年後に、PSFKはどうなっていると思いますか。

 チャネルが増えているでしょう。一部は公開、一部は非公開で。われわれは「PSFK In A Box」という製品を出そうとしているところです。これは、企業が自前のPSFKを持ち、内部で利用したり、自社の顧客向けとして利用したりできるものです。2年後について?われわれはJVを通じて、特定の分野で啓発的なコンテンツを提供して代替広告を展開するアイデアを大手ブランドと商談中です。

プロジェクトを成功させるのに最も難しいことは何ですか。

 寄稿者に報いること、オリジナルのコンテンツ、製品販売の資金面です。

PSFKを次の段階に進めるためには何が必要ですか。

 愛です。・・・というのは冗談としても、広告売上とhttp://if.psfk.comの購読者を増やすことですね。

PSFKの基盤となるビジネスモデルがあるとすれば何ですか。

 売上の45%が広告とジョイントベンチャーのパートナーシップ、45%がコンサルテーションと製品販売(トレンドレポートなど)、10%が購読料(IF!)です。

差し支えなければ1日の平均アクセス数を教えてください。

 月間20万ユニークビジター、30万ページビューに近づいています。

PSFKについて最も優れていると自認する点は何ですか。

 われわれが「PSFK Entourage(PSFKの仲間)」と呼んでいる寄稿者のネットワークです。

Webで現在起こっているシフトを若い人たちに向けてどのように説明しますか。

 世界的なつながりは、世界中の人々の互いの付き合い方を変えるでしょう。

ご自身のサイト以外に毎日どのようなサイトにアクセスしていますか。

 何百にもなります。RSSを利用して毎日非常に多くの見出しをチェックし、面白そうだと感じたものをクリックして見ています。

睡眠時間はどのくらいですか。

 5時間から6時間です。

http://www.psfk.com
http://if.psfk.com
http://eco.psfk.com
http://fashion.psfk.com

 メールでのインタビューに応じてくれたPSFKのPiers Fawkesとその他のメンバーに謝意を表する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]