中国、ウィキペディアの規制を解除--中国本土ユーザーの新規登録が殺到

文:Daniel Terdiman(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2006年11月14日 13時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国政府は11月に入ってから、だれでも自由に編集できるオンラインの百科事典、Wikipediaの中国版に対する規制を完全撤廃した。

 北京在住のライターで研究者のAndrew Lih氏は、規制解除後のWikipediaサイトの影響について最初の結果が明らかになったとしている。このサイトに、ユーザーが「殺到」している状況のようだ。

 Lih氏によると、中国版Wikipediaが規制されていたときの新規登録者は1日平均約300〜400人だった。しかし、先ごろ規制が排除されたことを受け、その数は1日1000人以上にふくれあがった。さらに、現地時間11月12日の日曜日には1200人が同サイトに新規登録した。

 これにより、12番目の規模だった中国版Wikipediaは現在、ユーザー数で英語に次ぐ2番目の伸びを見せていると、Lih氏は話す。

 膨大な数の新規登録ユーザーは、その大半が中国本土在住の中国人であることは明らかだ。規制解除前は、登録者の半分が香港もしくは台湾在住で、残りは中国本土を含めさまざまな国の居住者だった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加