ソニー・エリクソン、スマートフォンUI開発企業を買収へ

文:David Meyer(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2006年11月08日 12時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sony Ericssonが、Symbian子会社のUIQ Technologyを買収する。UIQ Technologyはハイエンドスマートフォン用にユーザーインターフェースを開発している。

 米国時間11月7日に発表されたこの買収は原則的に合意に達しており、数カ月以内に完了する見通し。

 Sony Ericssonの最高技術責任者(CTO)、Mats Lindoff氏は、「UIQには技術的に優れた柔軟性があり、プッシュ型電子メール、インターネットブラウジング、エンドユーザーパーソナライゼーション、強力な音楽アプリケーションなど、魅力的な機能の提供が可能になる」と語っている。

 同氏は、「買収によりUIQへの投資を進め、電話機メーカー、携帯電話事業者、開発者、そして消費者がSymbian(OS)のポテンシャルをフル活用できるようにする」と語っている。

 Symbianの最高経営責任者(CEO)、Nigel Clifford氏は、今回の買収によって「UIQやSymbian OSをベースにした電話機の機能とサービスが強化され、われわれも、核となるマスマーケット用Symbian OSの製品開発に集中できるようになる」と語っている。

 Sony Ericssonは既に、同OSの重要なライセンシーとして群を抜いており、UIQバージョン3.0が最近の「P990」、「M600」、および「W950」の各電話機に採用されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加