MonotaRO、12月6日にマザーズ上場へ--ECで工業用間接資材を販売

岩本有平(編集部)2006年11月02日 20時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MonotaROは11月2日、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場を申請し承認された。上場予定日は12月6日で、証券コードは3064。

 上場にともない、500株を公募し、4770株を売り出す。オーバーアロットメントは780株。売出株放出元は住友商事。公募・売り出し価格の仮条件は11月16日に決定され、ブックビルディングの期間は11月17日から11月24日までとなっている。公募・売り出し価格の決定日は11月27日。主幹事証券会社は大和証券エスエムビーシーとなる。

 MonotaROは2000年10月の設立。工場用間接資材の仕入れや販売を行うBtoB向けのECサイト「MonotaRO」やBtoC向けのECサイト「IHC.MonotaRO」を運営する。2006年12月期の業績は、売上高が67億8500万円、経常利益が2億円、純利益が2億1900万円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加