エル・カミノ・リアル、Flashを使った携帯電話用RSSリーダーを開発

永井美智子(編集部)2006年10月26日 15時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯電話向けのアプリケーション開発などを手がけるエル・カミノ・リアルは10月26日、Flashを使った携帯電話用RSSリーダー「ECReal Reader」を発表した。NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルの3キャリアに対応する。

 Flash Lite 1.1に対応した端末であれば利用可能で、料金は無料。会員登録も不要とした。エル・カミノ・リアルはこれまでJavaを使ったRSSリーダーアプリ「ECR RSSリーダー」を提供していたが、Flashを利用することで「ブラウザ上から利用でき、Ajaxのような使い勝手を実現した」と代表取締役社長の木寺祥友氏は自信を見せる。

 OPMLに対応しており、ほかのRSSリーダーに登録したフィードのリストを移行することもできる。これまでのECR RSSリーダーでは登録できるフィード数が100件だったが、ECReal Readerではこの制限をなくした。

 エル・カミノ・リアルではサーバにRSSフィードのデータをすべてFlash形式で保存し、ユーザーのリクエストに応じて携帯電話に配信する方法をとることで、フィードの読み込み速度を向上させた。また、スクロールや左右キーを使ったページ移動にも対応させることで、使い勝手を高めた。

 ECReal Readerのサービス開始に伴い、ECR RSSリーダーの提供は今後中止する計画。「ECReal Readerのほうが使い勝手が良いと考えており、ユーザーには移行をお願いしていく」(木寺氏)。また、年内にもPC版のRSSリーダーも提供する考えで、PCと携帯電話のどちらでも同じ使い勝手を実現したいとした。

061026_ecr.jpg 左からソフトバンクモバイル、NTTドコモ、auの端末でECReal Readerの画面を映した様子。どの端末でも同じ操作感となる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加