ベクター、読者管理機能付きブログサービスのベータ版を一般公開

ニューズフロント2006年10月24日 20時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベクターは10月24日、読者管理機能付きブログサービス「Vector maglog(ベクターマグログ)」のベータ版を一般公開した。読者登録したユーザーに限定してブログ記事や掲示板を公開するなど、容易に会員制ウェブサイトを運営できるという。

 Vector maglogではブログや掲示板のほか、カレンダー、メールマガジン、読者アンケートといった機能を提供する。公開設定を調節することで、不特定多数への情報発信だけでなく、読者として囲い込んだユーザーと緊密なコミュニケーンをとれるのが特徴という。

 また大容量コンテンツのアップロードに対応し、1ファイルあたり最大60Mバイトのコンテンツを合計500Mバイトまでブログ上に保存可能。これによりブログ管理者は、自作の楽曲や映像クリップ、ソフトウェアなどを簡単に公開できる。

 これまでベクターでは、自社のMMORPGの公式ブログなどを先行公開し、Vector maglogの試験運用を行ってきた。今回は一般公開を通じてサーバの安定性を検証し、ユーザーからのフィードバックを反映してサービスの改善を図るという。

 同社では今後、オプションとして月額課金機能やコンテンツのダウンロード販売機能などを追加し、ブログ管理者が有料サービスを提供できるようにする予定。このほか独自ドメインの提供やアップロード容量の増加など、順次機能の拡充を進めていくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加