logo

究極のカスタマイズができるカナル型ヘッドフォン--オーディオテクニカ「ATH-CK6」 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オーディオテクニカ
内容:遮音性が高く、高音質再生に優れるカナル型ヘッドフォンはここ数年、着実に人気を集めている。しかし自分の耳のサイズにぴったりと合った製品を見つけるのは難しいと敬遠する人がいることも事実。そこで、登場したのが3サイズ、2タイプのイヤーパッドと装着感をアップさせる3種類のループサポートを装備したオーディオテクニカの「ATH-CK6」だ。自在にカスタマイズが行えるヘッドフォン、その実力とは。

装着を安定させて高音質に、ループサポートとは?

 さっそく音楽を試聴してみたが、低音はもっと聞こえていいはずだ。そこで、ループサポートを試すことにした。

 ループサポートという言葉は聞き慣れないと思うが、耳の穴の出口にひっかけることで、より安定性をもたせるための補助道具である。頭をふっても落ちにくく、イヤーピースの揺れを抑えることで、低音再生も安定させられる。ループサポートの長さは細長く硬いゴム素材でできたBタイプ、長楕円形で柔らかいゴム素材のAタイプ、一番短いCタイプの3種類がある。

  • ループサポートは3タイプを標準装備。写真左からBタイプ、Aタイプ、Cタイプとなる

 まずは楕円形の柔らかいAタイプにチャレンジ。一応耳にはまることははまるのだが、ループサポートを付けている感じがしない。ゆるゆるで、ループサポートがあってもなくても、ほとんど変わりがない。さらに短いCタイプのループサポートをつける。これは私の耳ではまったく効果がない。取り付けるときに出っ張りが持ちにくく感じてしまう。

 ぴったりとフィットしたのは、細長く硬いゴム素材のBタイプ。はっきりと言いきれないがたぶんこのタイプがもっとも一般的なのではないかと思う。イヤピースがぴたりと安定していて、これならば多少激しいスポーツなどをしても、ヘッドフォンが外れることはない。

  • 楕円形で柔らかいゴム素材のAタイプ

  • 細長く硬いゴム素材を使用したのBタイプ

  • 一番短いタイプのCタイプ

 耳の収まりが安定してくることにより、音質も安定してきた。スカスカしていた低音も、きちんと聞こえるようになる。このヘッドフォンの能力を発揮してきた感じだ。左右の分離感がとてもよく、ステレオがより立体的に感じられる。細かい音も細部まで表現でき、情報量の多さは抜群だ。モニター的に音を精緻に聞きたい人向きのヘッドフォンだと言える。ボーカルの輪郭をきっちり描いてくれるので、きれいにおだやかな女性ボーカルによく合う。

 室内楽や小編成のバンドも気持ちよく聞けた。遮音性能も非常に高く、音はクリアなのだが、音詰まりな印象をやや感じた。もう少し音が抜けてくれれば完璧だ。

  • 今回の試聴でベストな組み合わせとなったのが、このグレーの楕円形Mサイズのイヤーピースと、細長く硬いゴム素材を使用したBタイプのループサポートの組み合わせ。フィット感もよく、低音再生能力にも優れる

 今回、すべてのサイズのイヤピースと、ループサポートを試してみた。一番耳に合ったのは、グレーの楕円形、Mサイズのイヤーピースと、一番長い硬質なBタイプループサポートの組み合わせだ。耳穴が楕円形のためインナーイヤータイプがうまく収まらない原因だったということがよくわかった。

 今回、全部を試してみてよく分かったのが、このヘッドフォンは自分にぴったりとフィットした組み合わせを見つけないと、本来の性能が得られない。1つずつ試してみると一番自分にあった組み合わせが見つかると思うので、ベストのタイプを見つけたい。カナルの音質はサイズにあり! ということだろうか。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]