logo

ACCESS、KDDIの新サービスにデータ授受同期ソフトウェアを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ACCESSは10月17日、KDDIが10月下旬から開始する新サービス「アドレス帳預けて安心サービス」と「au My Page」に、データ授受同期ソフトウェア「NetFront Sync Client」と「NetFront Sync Server」を提供すると発表した。

 NetFront Sync ClientとNetFront Sync Serverは、携帯電話端末などにユーザーが入力したアドレス帳のデータなどをサーバに保存し、端末側で新たな入力や訂正があった場合、その差分データだけをサーバに伝え、端末側とサーバ側とのデータの同期を取る技術「SyncML」に対応したデータ授受同期ソフトウェア。NetFront Sync Clientがクライアント向けソフト、NetFront Sync Serverがサーバ向けソフトとなっている。

 これらにより、アドレス帳預けて安心サービスでau携帯電話のアドレス帳データをKDDIのサーバへ保存することができ、au My Pageで写真などのデータやスケジュールなどをサーバへ保存することが可能になる。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]