「903i」シリーズでGPS利用のナビゲーションアプリ提供--ゼンリンデータコム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゼンリンデータコムは10月12日、GPSを利用したナビゲーションアプリを開発し、NTTドコモの「FOMA 903i」シリーズの発売に合わせ、提供を開始すると発表した。

 新しく開発されたナビゲーションアプリは、iモードメニュー上でサイバードとともに提供中の地図情報サイト「ゼンリン地図+ナビ」の「プラスナビコース」にて提供。ゼンリン地図+ナビは、2005年12月5日からiエリアを活用した、歩行者専用ルートを含むトータルなルート検索のサービスを提供している。

ルート詳細確認画面 トータルナビでのルート詳細確認画面

 今回のナビゲーションアプリは、地図スクロールやズームアップ・ダウン機能のほかに、メニュー画面には、カーナビのように次の階層メニューを表示してスクロールするタブメニューを採用し、操作しやすいインターフェイスを実現したとしている。

 ナビゲーション機能には、移動手段や目的に応じた検索として、「歩行者ナビ」「トータルナビ」「自動車ナビ」を搭載している。

 歩行者ナビでは、「屋根の多いルート」や「階段の少ないルート」など、条件に合わせた徒歩専用ルート検索が可能。トータルナビでは、電車利用や自動車利用といった、ユーザーの設定するいろいろな検索条件をもとに検索できる。

3D交差点拡大画面 自動車ナビでの3D交差点拡大画面

 また、自動車ナビでは、リアルタイム渋滞情報を考慮したルートを表示。ナビゲーション時には、3D表現の交差点拡大図や高速道路のジャンクション拡大図も表示する。

 利用には月額367円と通信費が発生する。なお、ナビゲーションアプリにはN903i、F903iにて適用される、90日間情報料無料の体験版がプリインストールされ、体験期間中は交通渋滞情報を除いたすべての機能を利用できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加