“攻める”ドコモへ--着うたフルやGPSに対応した903iなど14モデル発表

坂本純子(編集部)2006年10月12日 14時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは10月12日、フラグシップモデル902シリーズの後継機、903iを冠する11モデルほか計14モデルを発表した。903iシリーズでは、着うたなどのエンタテインメント機能、おサイフケータイなどの生活ツール(ドコモではライフキットと呼ぶ)、コミュニケーションの3つの機能が強化されている。

 NTTドコモ執行役員 プロダクト&サービス本部 マルチメディアサービス部長の夏野 剛氏は、「今回は“攻めるドコモ”だ。なぜならば、とことんやってしまった」と、切り出した。「他社さんにある、どうかなという機能も入れてしまって、どこから見ても一番競争力があるようにつくってある。一番買って損はないケータイ」と自信を見せる。

「買って損はないケータイ」と夏野氏

 これまでの90xシリーズにはなかったGPS機能は、D903i、F903i、N903i、P903i、SH903i、SO903iの6モデルが搭載した。位置情報がとれるため、紛失したときに自分の携帯電話がどこにあるか探せる新サービス「ケータイお探しサービス」も利用できる。これらのモデルは、海外ローミングに対応しているほか、メガサイズのiアプリに対応している。903iを冠する11モデルすべてが着うたフルに対応したほか、定額音楽配信サービス「Napster」にはD903i、F903i、SH903i、D903iTV、F903iXの5モデルが対応するなど、音楽機能も大幅に強化された。

 ワンセグには、P903iTV、P903iTV、SH903iRVの3モデルが登場した。HSDPA対応モデルは、新たにF903iXとP903iXの2モデルが発表された。HSDPAの特徴であるハイスピードを活かし、ストリーミングが楽しめるWindows Media Videoに対応したほか、10Mバイトのiモーションがダウンロードできるようになっている。

 このほか、シンプル&コンパクトをコンセプトとした、SUMPURE L1とSMPURE N1、ビジネス向けのN902iLを加えた計14モデルがお目見えした。秋・冬モデルとしてはau、ソフトバンクをしのぐ最多となる。

 発売時期は、903iシリーズが10月後半から順次出荷する予定となっており、価格は新規で3万円台前半となる見込み。HSDPA対応のiXシリーズは、3万円台後半、ワンセグ対応のiTVシリーズは3万円台前半から半ばぐらいで、発売はいずれも年明けになる見込み。SINPUREシリーズも年明けから発売予定で、1万円前後を見込む。

新端末を披露する夏野氏

 また、今後のラインアップについて夏野氏は、今年度中に703iシリーズを発表し、合計14機種以上のラインアップを拡充させると明言した。メーカーを明らかにしなかったが、703iシリーズのうち2モデルを紹介した。1つは2つ折りの状態で12mm以下で、国内では最薄の予定という。2つめのモデルも12mmとまではいかないが、かなり薄い。トランプののようにケータイをならべて持ち、「いずれもシャッフルできるほど」と自らシャッフルしてみせた。

フォトレポートはこちらから

今回発表されたラインアップは下記のとおり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加