社内コミュニケーションツール「ドリコムブログオフィス」がアプライアンスで提供

ニューズフロント2006年10月10日 16時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドリコムは10月10日、ブログを利用した社内コミュニケーションツール「ドリコムブログオフィス」のアプライアンスモデルを販売開始すると発表した。ドリコムのアプリケーションとパートナー企業のハードウェアなどを組み合わせて提供し、導入期間とコストを低減するという。

 ドリコムブログオフィスでは従来、ドリコムのサーバ上でアプリケーションを運用するASP型モデルと、カスタマイズを前提にアプリケーションをライセンス提供するパッケージモデルの2種類を販売してきた。

 新たに販売を始めるアプライアンスモデルでは、アプリケーションと動作確認済みのミドルウェア、OS、パートナー企業のハードウェアを組み合わせて提供する。顧客はアプリケーションをカスタマイズする手間がなく、低コスト、短期間で自社環境にコミュニケーションツールを導入できるとしている。

 ドリコムではまず富士通グループのPFUと協業し、富士通のIAサーバ「PRIMERGY」にドリコムブログオフィスのアプリケーションを搭載して販売する。価格などはドリコムが個別相談に応じる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加