イノーバ、BPMソフトとEAIソフト「ASTERIA」用の接続アダプタを開発・提供へ

ニューズフロント2006年10月05日 12時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インフォテリアとイノーバは10月4日、業務プロセス管理(BPM)分野で協業すると発表した。これにともない、イノーバは、同社のBPMソフト「Innova Process Navigator」とインフォテリアのEAIソフト「ASTERIA」を接続するアダプタの開発を始めた。

 ASTERIAは、GUI操作でさまざまなシステムのデータを連携させるソフト。各種データベース、ウェブページ、電子メール、XML、Excel、PDFといったデータの連携を、GUI上のマウス操作で指定できる。2006年3月末現在、250社が導入したという。

 Innova Process Navigatorは、業務プロセスモデリングツール「InnovaDesigner」とワークフローエンジン「InnovaFlow」で構成されるBPMソフト。業務プロセスをモデリングすることで、実行プログラムの自動生成などが行える。

 ASTERIAとInnova Process Navigatorを接続するアダプタは、イノーバが開発する。同アダプタを使用することで、ASTERIAで連携させる既存システムとInnova Process Navigatorとの接続が実現し、業務効率が向上するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加