ウィルコム、次世代PHSシステム実証実験で20Mbpsの通信に成功

ニューズフロント2006年09月20日 16時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウィルコムは9月20日、実施中の「次世代PHSシステム」向け無線局実験において伝送速度20Mbpsを確認できたと発表した。

 次世代PHSシステムの開発および導入に向けた活動の一環として、ウィルコムは総務省から無線局免許を取得し、2006年8月上旬から1年間程度実験している。虎ノ門地域(東京都港区)のビルと郊外に、それぞれ1カ所アンテナと基地局実験設備を設置し、次世代PHSシステムの開発、導入に向けた評価活動を行う。

 具体的には、2.5GHz帯の周波数を用い、OFDM技術に現行システムのアダプティブアレイアンテナ技術を採用した場合と、複数のアンテナを使うMIMO技術を採用した場合について、性能評価を中心に実験する。ウィルコムでは、実験の第1段階として、上り下りで双方向の伝送速度20Mbpsを目指していた。

 今後は、実験装置の改良を重ね、次世代PHSシステムの開発、導入に向けた実験/評価活動を継続して実施する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加