OSJ、PCサーバのHDDを暗号化する「ProtectDrive Server」を発表--クライアント向けはオンライン販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンソース・ジャパン(OSJ)は8月24日、PCサーバのハードディスク(HDD)全体を暗号化し、盗難・紛失による情報漏えいを防止するソフトウェア製品「ProtectDrive Server」の販売を開始すると発表した。

 ProtectDriveは、米SafeNetが開発したソフトウェア。Windowsを搭載したPCのHDDをパーティション単位で暗号化し、盗難や紛失による情報漏えいを防止することができる。

 今回の発表で同社は、これまでクライアントPC向けに販売してきたProtectDriveのWindowサーバ対応製品である「ProtectDrive Server」を中規模・中小企業向けに展開する。また、クライアントPC向け製品でも、1ライセンス単位で購入したいユーザー向けに楽天市場に「OSJオンライン」を開設し、1ライセンスから販売する。

 ProtectDrive Serverの価格は23万6000円、ProtectDriveの価格は1万9000円。ProtectDrive関連製品で年間1億円の売り上げを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加