クレオ、ブラウザ上でポストカード作成可能なオンラインサービス「筆まめonline」を試験公開

ニューズフロント2006年08月04日 16時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クレオは8月4日、インターネット上でポストカードを作成できるサービス「筆まめonline」を試験公開した。Flashベースの編集画面で画像や文章を組み合わせ、暑中見舞いのカードを印刷できる。25日まで期間限定で運用する。利用料金は一部を除き無料。

 筆まめonlineは、パッケージ版「筆まめ」などのはがき作成ソフトと異なり、パソコンへのインストール作業が不要なため「ソフトの購入に馴染みのないユーザーが手軽にポストカード作成を試せる」(同社)という。

 編集画面上では、ポストカード用のデザイン・テンプレートを複数提供する。ユーザーはそれらに自らの文章や写真を組み合わせてカードを作成し、プリンタから印刷できる。Flashを採用することで、従来のウェブベースのサービスより軽快な操作性を実現したとする。対応ウェブブラウザはInternet Explorer5.5以上。

 クレオのオリジナル無料テンプレートのほか、オプションとしてFlashアニメーションキャラクター「やわらか戦車」を使った有料テンプレートを用意する。

 クレオでは試験公開期間中にユーザーのフィードバックを受け付け、2006年秋に年賀状作成用のサービスとしてリニューアルオープンする。インターネット上で作成したポストカードを、そのままプリントサービスに印刷注文できる機能を追加する予定。またAPIの公開による外部ウェブサイトとの連携企画も実施するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加