logo

OBCなど3社、中堅・中小企業向けシステムコンサルティング会社を設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史代表取締役)とアタッ クスグループ(丸山弘昭代表パートナー)、オレガ(三好修代表取締役社長) の3社は、中堅・中小企業の経営支援を目的としたシステムコンサルティング 会社「アフォード・ビジネス・コンサルティング」を7月7日付けで設立したと 発表した。

 資本金は2500万円で、出資比率は、OBCが39.8%、アタックスグループが39.8%、オレガが20.4%。代表取締役会長にはアタックスグループ代表パートナー の丸山弘昭氏が、代表取締役社長にはOBC取締役の渡邊政美氏がそれぞれ就任 した。

 新会社では、中堅・中小企業や大企業の子会社を対象に、組織改革とシステ ム活用のコンサルティングサービスを提供。3社それぞれの業務ノウハウを統 合することで、大企業向けとは異なるアプローチで中堅・中小企業に特化した コンサルティングを行い、IT資産の戦略活用や業務効率化を支援していく。

 コンサルティングでは、OBCの「奉行新ERPシリーズ」と、オレガの「Alternax(オルタナックス)」などのパッケージを連携させ、経営とビジネスの「見 える化」と内部統制の整備に対応するモデルを提案。また、現行システムと業 務の診断、RFP(提案依頼書)の作成、フィット&ギャップの分析、導入コン サルティングをはじめ、導入後の運用やシステム活用の支援までをワンストッ プで提供する。

 まずは7月から、現在のシステムや業務処理の状況をチェックし、現行の課 題と内部統制の整備に向けた必要事項を指摘する各種診断パックと、CIO(最 高情報責任者)の役割を補う「CIOアウトソーシング」サービスをレベルに応 じて提供していく。

-PR-企画特集