オンラインゲーム事業を展開するサイバーステップ、東証マザーズに上場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーステップは7月5日、東京証券取引所マザーズに上場したと発表した。

 サイバーステップは、オンラインゲームなどのネットワークエンターテインメントソフトウェアやネットワークに関するコアテクノロジーの研究開発、また自社オンラインゲームのライセンス事業をアジアを中心に展開している会社。

 同社のPC向け3Dオンライン対戦格闘ゲーム「GetAmped(ゲットアンプド)」は現在、韓国や中国、台湾など世界5地域にライセンスされ、ユーザー登録数は1600万以上に上るという。

 また、3月10日より日本市場において商用サービスを開始したMMO(大規模多人数参加型オンライン)アクションRPG「C21」からは、ライセンス事業に加えて、自社でオンラインゲームを運営するオンラインゲームサービス事業を展開している。

 サイバーステップは、7月7日より自社運営タイトル第2弾として、GetAmpedを日本向けにリニューアルした「ゲットアンプドR」のオープンベータサービスを開始するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加