IMJ、リアルタイム・ダイレクトビデオレコーダーなどiPod専用アクセサリを発表

エースラッシュ2006年07月04日 23時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 icube Marketing Japan(IMJ)は7月4日、iPod専用のリアルタイム・ダイレクトビデオレコーダー「iLuv-i180」およびiPod用のスピーカーシステムを8月上旬より発売、iLuvブランドで日本市場に参入すると発表した。

 今回発売されるiPod用製品は、リアルタイム・ダイレクトビデオレコーダー「iLuv-i180」、アラーム機能搭載スピーカーシステム「iLuv-i177」、携帯可能なスピーカーシステム「iLuv-i552」、コンパクトスピーカーシステム「iLuv-i188」の4種類。

 まずiLuv-i180は、DVD/HDDレコーダーなどのAV機器からリアルタイムで直接iPodに録画ができる製品だ。iPodを中央のドックにセットしてボタンを押すだけで、誰でも簡単に1録画最大6時間の録画が行える。ビデオ信号を受信すると自動的に録画を開始する録画予約、4段階で設定できる画質レベル、タイトルの設定や変更が可能な録画ファイルの管理機能、録画しながらのiPod充電機能などを備えている。対応機種は5世代iPod(30Gバイト、60Gバイト)で、カラーはホワイトのみ。価格はオープン価格だが、8月上旬よりオープンする同社オンラインショップ「iLuvStore」での価格は1万9800円となっている。

iLuv-i180 「iLuv-i180」

 iLuv-i177は、iPodを中央のドックにセットするだけで楽曲が楽しめるほか、設定した時間に好きな曲を再生できるアラーム機能を備えたスピーカーシステムだ。独自のオーディオ技術「jAura」や「Echo Soundcell Technology」により高音質を実現しているほか、FMおよびAMラジオ、デジタル時計、充電機能なども搭載している。対応機種はiPod nano、iPod mini、iPod(30Gバイト、60Gバイト)、iPod Shuffle、iPod 4Gバイト、iPod 3Gバイトで、カラーはホワイトとブラックの2種類。iLuvStore価格は1万4800円となっている。

 iLuv-i552は、単2形乾電池8本をセットすることで、スピーカーを好きな場所に持ち運べるスピーカーシステムだ。iLuv-i177と同じく簡単なセット方法や高品位なオーディオ技術、FMおよびAMラジオ、デジタル時計、充電機能などを搭載している。対応機種はiPod nano、iPod mini、iPod(30Gバイト、60Gバイト)、iPod Shuffle、iPod 4Gバイト、iPod 3Gバイトで、カラーはホワイトとブラックの2種類。iLuvStore価格は1万6800円となっている。

 iLuv-i188は、コンパクトサイズのボディーながら4つのスピーカーを搭載し、本格的なサウンド環境を実現。簡単なセット方法に加えてオーディオ技術「jAura」の採用、充電機能なども備えている。対応機種はiPod nano、iPod mini、iPod(30Gバイト、60Gバイト)、iPod 4Gバイト、iPod 3Gバイトで、カラーはホワイトとブラックの2種類。iLuvStore価格は6980円となっている。

 同社では今後も、ヘッドフォンやFMトランスミッター、バッテリーといったiPod用のアクセサリを発売していく予定だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加