WGA関連ソフトウェアを装うIMワームが出現

文:Caroline McCarthy(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部)2006年07月04日 13時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PC Worldは、Microsoft Windowsのユーザーを標的とするワーム「Cuebot-K」が確認されたという。Cuebotワームの新しい亜種であるCuebot-Kは、「AOL Instant Messenger (AIM) 」に登録された友人リストに「wgavn.exe」というファイル名のプログラムを送信することで拡散する。

 PC Worldの報道によると同プログラムは、「Windows Genuine Advantage(WGA)」に関連するソフトウェアを装って、ユーザーマシンへの感染を試みるという。WGAとは先ごろより物議を醸し批判を集めているMicrosoftの海賊版対策技術。

 PC WorldはCuebot-Kは、感染したPCのファイアウォールを停止したり、、ソフトウェアを破壊したり、悪質なプログラムをダウンロードしたりすると報じている。

 ユーザーをだましてPCへの潜入を試みるCuebot-KはAIMクライアントを通して簡単に拡散していきそうに思えるが、すべての専門家がこれに警戒しているわけではない。

 例えば、セキュリティソフトウェア会社Trend Microのセキュリティインテリジェンス担当ディレクターJoe Hartmann氏はCNET News.comの取材に対し「このワームが大きな脅威になるとは思えない」と述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加