logo

FONが新サービス--ユーザーがアクセスポイントを有料で開放可能に

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部)2006年06月27日 16時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スペインの首都マドリードに拠点を置くインターネット・ワイヤレス・コミュニティ・プロバイダのFONは、同社の会員が自分のアクセスポイントを他者に開放することによって利益を得られるようにする新サービスを開始した。米国時間6月26日付けの発表によると、同社は「Foneros」と呼ばれる会員向けに、FONのWi-Fiネットワークを利用できる1日利用券を3ドルで、また1日利用券の5枚組を10ドルで販売すると発表した。

 会員に利用される家庭用Wi-Fiアクセスポイントのオーナーは、付加価値税や手数料を除いた売上高の半分を受け取る。支払いはPayPalを通じて行われる。またFonerosは、自分のWi-Fiアクセスポイントへの接続を提供する代わりに全てのFONアクセスポイントを無料で利用することもできる。さらに、FONは同社のWi-Fi「ソーシャルルータ」を5ドルで販売する。また同社は、FONダウンローダーデバイスも販売する。ユーザーはこのデバイスを利用することにより、iPodやMP3プレーヤー、さらに外部ハードドライブをFONネットワークに接続することができる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したも のです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集