ダイアローグ、ついに日本上陸、3.5G通信のA5モデルや、可動式液晶ノートで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 台湾のPCメーカー、ダイアローグ(台北、ジャック・リーCEO)は6月14日、 日本法人のダイアローグ・ジャパン(東京都新宿区、マイケル・リー代表)を 設立し、モバイルノートPC「FlyBook(フライブック)」シリーズ2機種を発売 すると発表した。

 世界初となる3.5世代携帯電話「HSDPA」のデータ通信に対応する通信機能を 搭載した「V33i」と、モニターの位置を自由に調節できる「VM」の2モデル。 ともに本体はイタリアンデザインを採用した。発売日と価格は「V33i」が7月4 日で28万2240円から、「VM」が6月20日で22万6800円から。まずはインターネ ットで発売し、その後は量販店などにも展開していく予定。

 「V33i」はA5サイズのノートPCで、W-CDMA方式のデータ通信機能を内蔵。3. 5世代、第3世代携帯電話のSIMカードを本体のスロットに差し込むことでイン ターネットの接続ができる。国内でW-CDMA方式を採用するNTTドコモやボーダ フォン(ソフトバンク)のSIMカードの利用については「今のところ検証・調 整中」(ダイアローグ・ジャパン)だという。

 データ通信機能では海外のW-CDMA方式の携帯電話会社のSIMカードを使い、 ローミングで使用することも可能で、無線LAN、Bluetoothなどの無線通信機能 も備えた。液晶ディスプレイは回転させて手書き入力ができるほか、ユーザー が立ったまま親指で操作ができる独自のトラックポイントも採用した。

 CPUはインテルのPentium-Mobility 753(1.2GHz)、または773(1.3GHz)を 搭載。HDDは40または60GB、メモリ512MB、OSがWindows XP Home。サイズは幅2 35×奥行き155×厚さ31mm、重さ1.23kg。

 一方、「VM」は世界初の可動型ディスプレイを搭載したノートPCで、ディス プレイを動かして、好みの高さや角度に調整ができる。「Airline Friendly (エアライン・フレンドリー=狭いスペースでも使いやすく)」をコンセプト にインテルと共同開発した。

 サイズは幅292×奥行き222×厚さ25.8mmで、重さ1.64kg。CPUはインテルの デュアルコアCPU「Core Duo(1.66GHz)」、HDDは30または60GB、メモリは512 -2GB、OSがWindows XP Professinal。

 ダイアローグは91年設立。資本金は2700万ドルで、従業員は約230人。イタ リアには、ヨーロッパ・中東・アフリカ総本部を、米国には無線通信技術研究 所を、台湾には総合研究開発本部および生産本部を置く。05年の売上高は4000 万ドル。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加