MJCとノジマ、3万円台からのパソコン3モデルを発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マウスコンピューター(MCJ)とノジマは6月9日、3万円台からの低価格パソコンを含む3モデル、6ラインアップのオリジナルパソコンを発売した。全モデルともにマイクロタワー筐体を採用するデスクトップパソコンで、プリインストールOSのあり、なしを選択できる。

 全モデルともにデザイン性に優れたケースを採用しており、2層書込に対応するDVDスーパーマルチドライブ搭載モデルや、法人向けの低価格ラインアップも用意されている。最もコストパフォーマンスに優れたモデルは「NJ-LM206-N」で、CPUにインテルCeleron D310、256MBのメモリ、40GBのハードディスク、52倍速のCD-ROMドライブを搭載するOSなしモデル。価格は税込みで3万4800円となる。

 また、全モデルに1年間の無償保証と365日24時間の電話サポート、携帯電話からアクセスできるモバイルサポートが標準で付属する。今後は今後もデュアルコアCPUを搭載したパフォーマンスデスクトップ機や、モバイル向けのノートブックPCなどラインアップを拡充していく計画だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加