日立マクセル、世界初のHD DVD-Rディスクを7月に発売、秋には「-RW」も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立マクセル(角田義人執行役社長)は6月8日、次世代DVDディスクのHD DVDで追記型ディスクの「HD DVD-R」、書き換え型の「HD DVD-RW」、データ用ブルーレイディスク(BD)で追記型の「BD-R」、書き換え型の「BD-RE」を7月5日以降、順次発売すると発表した。価格 はすべてオープン。

 「HD DVD-Rディスク」は高精度スタンパをはじめ、青紫色レーザー光に対し内周から外周まで安定した記録を行う有機色素、高度な光学特性を持つディスク基板 などを使って世界で初めて製品化した。片面1層で15GBの容量のディスクでデジタルハイビジョン映像が75分録画できる。

 片面1層で容量15GBの「HD DVD-R」、片面2層30GBの「HD DVD-R DL」を販売。実勢価格は片面1層タイプが2000円前後の見込み。

 「HD DVD-RWディスク」もHD DVD-R同様の技術や材料を使い、安定した記録や再生ができるようにした。論理フォーマットなどが未定のため、規格が決定次第、秋以降をめどに発売する予定。

 データ用BDでは「BD-R」「BD-RE」ともに無機記録膜を採用し、高密度で記録ができる。また、記録膜成分組成を調整し、2倍速の記録にも対応可能にした。

 「BD-R」では片面1層25GBタイプ、片面2層50GBタイプ(DL)、「BD-RE」でも片面1層25GBタイプ、片面2層50GBタイプ(DL) を発売。実勢価格は「BD-R」の片面1層タイプが2000円前後、「BD-RE」の片面1層タイプは2500円前後の見込み。

日立マクセル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加