ニューヨーク公共図書館、ネットで動画の無償提供を開始

文:Candace Lombardi(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部)2006年06月08日 16時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニューヨーク公共図書館は、無償でダウンロードすることができるコンテンツのオンラインカタログである「eCollection」にビデオを追加した。新たに追加されたセクションには、米国映画、外国映画、ドキュメンタリー、子供向け番組、IMAX用映像、Katherine Hepburn氏の「The Glass Menagerie」といったライブステージパフォーマンスの記録映像などが含まれている。同サービスは、ニューヨーク公共図書館の貸し出しカードを持っている人が利用対象となる。なお、eCollectionでは以前から、書籍、オーディオブック、音楽の無償ダウンロードをサービスとして提供している。

 ニューヨーク公共図書館は過去2年間、デジタルコンテンツの拡充を図ってきた。2004年12月には、同図書館が保有する、パブリックドメインの書籍の全内容をウェブ上で公開するために、Googleと提携した。そして2005年には、ニューヨーク市の学童の宿題を24時間体制で支援する「HomeworkNYC」を開始した。さらに2005年3月には、所蔵する45万枚以上の画像を提供するオンラインギャラリーをオープンした。ユーザーは同サービスを利用して、低解像度の画像を無償でダウンロードしたり、高解像度の画像を注文したりすることができる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加