三井物産と松竹、PCや携帯電話向けのインターネット動画配信で提携

ニューズフロント2006年06月06日 14時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三井物産と松竹は6月6日、パソコンや携帯電話向けインターネット動画配信サービスに関して業務提携すると発表した。三井物産が持つ新規事業立ち上げのノウハウに、松竹の映像企画や製作能力を組み合わせ、動画コンテンツの新市場開拓と商機拡大をすすめる。

 両社は従来から、有料放送事業を手がける衛星劇場、複合映画館運営の松竹マルチプレックスシアターズなどに共同出資している。また、映画「子ぎつねヘレン」の共同製作なども手がけている。

 今回は、デジタル技術を用いた動画コンテンツなどの分野で提携する。今後はコンテンツのインターネット配信に加え、実写映画の共同製作、アニメーション作品の企画開発や販売、海外市場への動画コンテンツを販売などを予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加