日立マクセルと三菱化学メディア、Blu-ray DiscとHD DVDのメディア製品設計を完了

エースラッシュ2006年06月06日 11時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立マクセルと三菱化学メディアは6月5日、記録型Blu-ray DiscおよびHD DVDの開発が完了したことを発表した。

 両社は2001年から共同で、次世代光記録メディアの開発を進めてきた。共同開発の成果として、相変化書換型媒体、無機追記型媒体、色素追記型媒体においていずれもユニークな材料を開発。また、Blu-ray Disc、HD DVDの各種フォーマットに対応した量産技術も確立、製品設計が完了したという。

 今後は市場の立ち上がりに合わせて、両社それぞれのブランド名(Maxell、Mitsubishi/Verbatim)で市場に提供するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加