デル、インテルCore Duoプロセッサ対応B5ワイドのモバイルノートPC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デル(ジム・メリット社長)は、個人向けPC「XPS」シリーズに新製品とし て、インテルCore Duoプロセッサを搭載したモバイルノートPC「XPS M1210」を5月23日に発売した。BTO対応で、CPU、メモリ、HDDなど自分の好みに合わせ て選択できる。

 B5ワイドのモバイルPCとしては同社で初めて、CPUにインテルCentrino Duoモバイル・テクノロジー対応のインテルCore Duoプロセッサ(T2300/2500) が搭載できる。また、インテルCeleron Mプロセッサを選択することも可能。 メモリは最小512MBから最大4GBまで、HDDは80GBから120GBまで選択できるほか、 グラフィックスにはNVIDIA Ge Force Go 7400 256MB TurboCacheを搭載すること も可能。

 液晶ディスプレイには、12.1型のWXGA光沢ワイド液晶を採用し、標準で5in1カードスロット、Expressカードスロット、PCを立ち上げずにAV機能を楽しめ るDell Media Directなどを装備。また、オプションメニューとして、きょう 体内蔵カメラやTVチューナーを搭載することもできる。

 マットブラックとシルバーを基調にしたデザインを採用。光学ドライブを搭 載しながら、最小構成で1.98kgのコンパクト設計とした。次世代OSであるWindows Vistaに対応する。

 価格は、インテルCeleron Mプロセッサ(410)、メモリ512MB、HDDは80GB、CD-RW/DVDコンボドライブ、Windows XP HomeSP2搭載のベーシック構成で13万8200円。

 また、インテルCore Duoプロセッサ(T2500)、メモリ4GB、HDD120GB、DVD±RWドライブ、インテルPRO/Wireless 3945ABG、内蔵カメラ、Windows XP Media Center Edithion搭載の「XPS M1210」推奨構成で59万8500円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加