logo

jigブラウザがカスタマイズ可能に--プラグインのポータルサイトも開設

永井美智子(編集部)2006年05月08日 18時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 jig.jpは5月8日、携帯電話でPCサイトが見られるフルブラウザ「jigブラウザ」をバージョンアップした。ユーザーが自由に機能拡張できるようにするほか、専用のプラグインがダウンロードできるポータルサイトを開設し、ユーザーのカスタマイズを促す。

 これまで「jigブラウザ2」という名称でベータ版として公開していたブラウザを、バージョン7.0.0という正式版にしてプラグインに対応させた。このプラグインを「jiglet」という名称で配布する。jigletはjig.jpが開発するほか、社外の開発者でも作れる。

jigブラウザバージョン7.0.0 jigブラウザバージョン7.0.0の画面イメージ

 jig.jpではjigletがダウンロードできるポータルサイト「jiglet.jp」を開設し、ユーザーが好みの機能を探せるようにした。開発者は自分が作ったjigletをjiglet.jpで公開できる。当初公開されているjigletはRSSフィードを待ち受け画面で表示できるRSSティッカーや、RSSリーダ、スケジューラなどとなる。

 今回のバージョンアップに伴い、従来のjigブラウザで搭載されていた機能の多くは、jigletによってインストールする形になる。なお、これまでのjigブラウザを継続して利用することも可能としている。

 対応端末はNTTドコモのFOMA90xシリーズ、およびauのJava対応端末となっており、ドコモの70xシリーズおよびボーダフォン端末では利用できない。

-PR-企画特集