自身のパソコンの中身を検索できる──ジャストシステム「ConceptSearch /R.2」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャストシステム
内容:インターネット上の情報は検索エンジンが多数あれど、自身のパソコンの中身となると、検索する術がなかなかない。そこで、最近増えてきたデスクトップ検索ソフトと呼ばれるジャンルに分類されるのがジャストシステムの「ConceptSearch /R.2」だ。いわば自身のパソコンの“マイ検索サイト”の役目を果たしてくれる。

デスクトップ検索とは

  • ConceptSearch /R.2の画面。何かキーワードを入力するとそれに沿ったものが表示される。この場合はほとんどメールニュースの中からヒットした。プレビューも表示される。

 いわゆるデスクトップ検索ソフトと呼ばれるジャンルに分類されるのがジャストシステムのConceptSearch /R.2だ。これはジャストシステムのエンタープライズ向けの検索エンジン「ConceptBase」と同じエンジンを使っているもので、いわば自身のパソコンの「マイ検索サイト」のようなものだ。

 まず、はじめに言っておくとデスクトップの検索とは、デスクトップに置いてあるファイルだけが対象ではなく、自分のパソコンすべてのファイルが対象となる。検索といってもWindowsで使われる「検索」がファイル名などに限られることに対し、ファイルの中身の内容まで検索することができるのだ。さらに、このConceptSearch /R.2では対応メールソフトのメールの内容やその添付ファイルまで検索対象となる。

 検索の方法も「自然文検索」となっており、キーワードに厳格に一致したものを抜き出すのではなく、入力した文章に対して関連したものを抜き出す方式だ。どちらかというと、仕事で必要なフレーズを入力、あいまいさを生かして関連の文書などをすべて抜き出してくれることが機能のイメージだ。

 この機能はひとことで言ってしまえば“検索サイト”の機能とも言える。つまり、ConceptSerchを導入することで、自分のPC内のマイ検索サイトを構築できると言ってもよいだろう。

自然文で手軽なデスクトップサーチ

 検索ソフトというと、単にすべてのファイルの中身を広げ、その中からキーワードに一致したものを抜き出せばよいと考えがちだが、それだけではない。

 このConceptSearch /R.2は自然文検索となっており、あいまいな文章を検索キーワードとし、その中から関連した文書を抜き出す機能を持つ。たとえば、「転職情報が欲しい」と入力すれば、“転職”“情報”“欲しい”といったものを多く含むものを筆頭に、“情報”や“職”などを含んだものまで表示する。

 もちろん、この順位は一致度の高いものから表示してくれるので、順位が下のものについては希望の情報が少ない可能性もあるが、順位の高いものから見ていけば、希望の情報に当たる可能性が高いというわけである。

 この自然文検索を実現するためには、ソフトウェアが日本語をしっかりと理解し、単語や文章を細かく区切って理解する必要がある。この点、一太郎やATOKで長年の実績を持つジャストシステムであるだけに期待できる。

 また、何も無理に自然文を入力する必要もない。たとえば特定のキーワードを入れれば、その登場回数が多い順に表示することになる。このあたりは検索エンジンの使い方と同じと言えよう。

  • 「転職情報が欲しい」と入力して、自身のパソコン内からデータを抽出した。自分では転職に関する文書を作っていないので、転職情報の広告が掲載されるメールニュースがヒットした。

  • 関連語を追加して絞り込むこともできる。関連後は検索文章を解析して自動的に設定される。検索エンジンの日本語力が問われる機能だ。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加