日本テレコム、平成電電コミュニケーションズの「マイライン」営業権を取得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本テレコム(倉重英樹社長)は3月23日、ドリームテクノロジーズ(池田均社長)子会社の平成電電コミュニケーションズ(池田均社長)から、マイライン事業の営業権を約75億円で取得すると発表した。

 平成電電コミュニケーションズのマイライン(電話会社事前登録制)登録者数は約30万件。平成電電は05年10月、業績低迷から東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請、06年1月にドリームテクノロジーズが支援企業として再建に乗り出していた。日本テレコムは今回の営業譲渡を受けることで、固定電話利用者を拡大する狙い。必要な許認可などを取得後、4月中をめどに譲渡を完了する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加