logo

iPod風のマシンはいかが?--米企業が風変わりなPCケースを発売へ

文:Ina Fried(CNET News.com)
翻訳校正:尾本香里(編集部)
2006年02月24日 10時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Windowsマシンの所有者でも、以前からApple ComputerのiPodを利用することはできた。そんなiPod好きのために、同人気デジタル音楽プレイヤーに似たPCケースが作られた。

 カリフォルニア州ポモナに本社を置くLogisys Computerは今週、ユニークなPC用ケースをそろえた同社のラインアップに「ePod Soho」というモデルを追加した。白い筐体には、iPodのスクロールホイールを連想させる「ボタン」が複数配置されているほか、ケースの縁取りが青色発光ダイオード(LED)で光るようになっている。

 ePodは、個人やカスタムPCメーカーがプロセッサ、マザーボード、ハードディスクなどのコンポーネントを収めるためのケース。Logisysでは、クリアブルーのアクリル製ケースや、Volkswagen Beetleに似せたオプティカルマウスなどのユニークな製品を多数そろえている。

 ePodは既にLogisysのウェブサイトで情報が公開されているが、小売店ではまだ発売されていない。Logisysの関係者によると、同社は本製品に関するやりとりをApple Computerとはしていないという。

 しかし、Logisysの社是である「We do different」さえも、Appleの「Think Different」キャンペーンを連想させるものとなっている。

 Appleはこれまで、あまりに自社製品と似たPCや音楽プレイヤーが販売されると、それを製造した企業を提訴してきた。たとえば、同社は1990年代に、iMacのデザインを模倣した疑いで、eMachinesなど数社を提訴している。Appleは2000年にこれらの裁判で和解している。

 しかし、iPodに似たPCケースについてAppleがどう反応するかは不明だ。本製品について、Appleの関係者からコメントを得ることはできなかった。

写真提供:「Logisys Computer」

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集