寺岡精工、世界初の電子ペーパーを使った動くPOP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 寺岡精工(寺岡和治社長)は、動画による広告で訴求力を高められる、電子ペーパーを使用した新しい広告素材「アニメーション・POP」を発売した。価格は3400円から。

 電子ペーパーは、電子インク技術で表示する媒体で、電子機器や電子ブックなど幅広く応用が可能な新素材。電源を切っても表示を維持できるため、省電力なディスプレイとしても期待されており、ソニーの電子書籍端末「LIBRIe」、セイコーウオッチの腕時計など、実用化も進んでいる。

 「アニメーション・POP」は、この電子ペーパーを利用し、店頭POPなどにアニメーションを加えられるもの。乾電池で駆動し、単三電池2本で約6か月、動くPOPを表示する。また、反射型ディスプレイのため明るい店内に設定しても見やすく、多少の折り曲げにも対応する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加