logo

NTTドコモ、Windows Mobile搭載の台湾HTC製端末を導入へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモおよびHigh Tech Computer Corporation(以下、HTC)は1月23日、Microsoft Windows Mobile 5.0 日本語版をオペレーティングシステムに採用したHTC製のモバイル情報端末をドコモが導入することについて基本合意に達したと発表した。

 このHTC製のモバイル情報端末の導入は、法人ユーザーのモバイルソリューションにおけるニーズに応えるもので、特にWindows ServerやExchange Serverとの連携によるモバイルメッセージングや業務支援などのシステムソリューションに貢献できるとしている。

 HTC製のモバイル情報端末は、W-CDMA方式とGSM/GPRS方式のデュアル端末。Windows Mobile 5.0をOSとして搭載し、音声通話はもちろん、テレビ電話、パケット通信対応のほか、無線LAN対応、QWERTY配列キーボード搭載といった特徴を持つ。2006年下期の導入に向けて、検討が進められている。

-PR-企画特集