logo

デザイナーズケータイが3モデル登場--ドコモ702iシリーズ

坂本純子(編集部)2006年01月17日 22時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは1月17日、FOMAの新ラインアップとして702iシリーズ5機種を発表した。うち、SH702iD(シャープ)N702iD(NEC)、F702iD(富士通)の3機種はクリエーターとコラボレーションによるデザインにこだわったものになっている。いずれも、2月以降に発売するとしており、価格や具体的な時期は未定。

左から、F702iD、N702iD、SH702iD、D702i、P702i。

 70xシリーズはエントリー向けのFOMAという位置付けだ。「すべての機能をひとつにするというのは、FOMA90xシリーズの考え方。今回は、機能をそぎ落としたところから特徴を出した」(マルチメディアサービス部 主査 増田智子氏)と話すとおり、702iシリーズ共通の基本機能としては、iチャネル、Gガイド番組リモコン、セキュリティスキャンといったもので、従来の701iシリーズと大幅には変わらない。702iシリーズでは、これらの基本機能に加えて、メーカーのモデルコンセプトに合わせてプッシュトークやおサイフケータイ、ミュージックプレイヤー機能などを搭載。使い手自身がデザインと機能などを加味し、ライフスタイルに合ったものを選択できることが特徴としている。

 一般的なFOMAの開発期間は1年程度という中で、今回の702iシリーズの開発には2年あまりをかけたという。「モックにするまでにかなりの時間をかけ、デザインと機能との一体感を重視した。それぞれミリオンセラーになるよう販売していきたい。100万台越えを狙う」と意気込む。

 それぞれの機能の特徴は下記の図のとおり。

多彩な特徴を持つ702iシリーズ

-PR-企画特集