Intel Mac向けFirefox、3月後半に登場へ

文:Renai LeMay (ZDNet Australia)
翻訳校正:坂和敏(編集部)
2006年01月16日 22時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The Mozilla Foundationは、同グループが開発するウェブブラウザ「Firefox」のIntel Mac対応版を3月に公開することを決定した。

 「われわれは3月後半に予定している『Firefox 1.5.0.2』のアップデートで、『Firefox for Intel Mac OS X』を公式にリリースしたいと考えている」と同グループのソフトウェアエンジニアJosh Aasが明らかにした。

 Appleが先週、同社初のIntel Macを発売したことで、この新プラットフォームに対応するブラウザへの需要が急激に高まるとみられている。これまでAppleはIBMのPowerPCチップをMacに採用していた。

 Aasの個人ウェブサイトでは、現在すでに同ソフトウェアの非公式バージョンが公開されているが、同氏はIntel Macユーザーに対して、Mozilla Foundationがこれを承認するまでは、Appleの「Rosetta」技術を利用してPowerPC対応のFirefoxを動かすことを薦めている。

 Rosettaは、PowerPCマシン用に書かれたプログラムを変換してIntel Macで動かせるようにするソフトウェアだ。

 また、Intel Macに対応するMozilla Foundationの電子メールクライアント「Thunderbird」やサードパーティ製ブラウザ「Camino」もこの同じサイトで公開されている。Camiroは、Firefoxと同じく、Mozillaの開発するレンダリングエンジン「Gecko」を利用しており、Appleのつくるブラウザ「Safari」と同様、Mac OS X専用に開発されたブラウザだ。

 FirefoxのIntel Mac対応バージョンには、まだいくつか修正すべきバグが残っているものの、Aasはすでその品質に満足しているという。

 「Intel Mac版の移植作業は非常にうまく進んでおり、きちんと動作しているネイティブ対応バージョンがわれわれの手元にある。あと2つマイナーな問題を解決すれば公式にリリースできる状態だ」(Aas)

 「問題の1つは、Mac OS X 10.4.4とともに出荷された (Macromedia) Flash用プラグインのFirefoxに対する互換性の問題で、われわれはMacromediaと緊密に連携しながらこの問題の解決に取り組んでいる」(Aas)

 もう1つの問題は、Mac OS X版のMozilla製品でJavaアプレットを動かすための「Java Embedding Plugin(JEP)」をIntel Macにアップデートすることに関連したものだという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加