logo

松下、業界初3CCDのDVDビデオカメラなど4機種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業 パナソニックマーケティング本部は、業界初の3CCD搭載DVDビ デオカメラ“DVDデジカム”「VDR−D300」「VDR-D250」と、DV方式の3CCDデジ タルビデオカメラ“デジカム”「NV−GS500」「NV−GS300」を発売する。価格 はすべてオープン。実勢価格は、「VDR−D300」が12万円前後、「VDR-D250」 が10万円前後、「NV−GS500」が13万円前後、「NV−GS300」が10万円前後の見 込み。発売日は、「VDR-D250」のみ3月1日、その他モデルは2月1日。

 DVDデジカム2機種は、記録メディアにDVDを採用。DVD-RAM/-RW/-Rの3種類 のディスクに対応するDVDマルチドライブを搭載する。また、DVD方式のビデオ カメラとして初めて、光の3原色(R・G・B)専用の3枚のCCDを使う「3CCDカメ ラシステム」を搭載し、高性能映像処理回路「クリスタルエンジン」の採用と 相まって色再現性を高めた。また、2.7型ワイド液晶モニタや、ワンタッチナ ビゲーションのアイコンの意味を説明する 「ヘルプモード」などを搭載し、 カンタン・快適操作のユニバーサルデザインとした。

 さらに上位モデル「VDR−D300」は、画質劣化がほとんどない「光学式手ブ レ補正ジャイロ」や、色にじみを抑えてクリアな映像を実現する低分散ガラス 採用ライカディコマーレンズを搭載。静止画を3.1メガで記録できる。

 デジカム2機種は、従来のDV方式のデジタルビデオカメラ。DVDデジカム同様、 3CCDカメラシステムと、高画質映像処理回路「クリスタルエンジン」を搭載した ほか、両モデルとも、低分散ガラス採用ライカディコマーレンズ、光学式手ブレ 補正ジャイロを搭載している。上位モデル「NV−GS500」は4.0メガ、「NV−GS300」は3.1メガの静止画記録が可能。このほか、CCDサイズやズーム倍率、一部機能に違いがある。操作性については、現行モデルをベースに新機能を追加し 、使いやすさを向上させた。

-PR-企画特集