logo

IBM、ポータル開発ツールメーカーのボウストリートを買収

Dawn Kawamoto(CNET News.com)2005年12月21日 17時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間20日、これまで提携関係にあったBowstreet(本社:マサチューセッツ州テュークスベリー)の買収を発表した。IBMは、Bowstreetのポータル開発ツールを自社のサービス指向アーキテクチャ(Service-Oriented Architecture:SOA)戦略に組み込む意向だ。

 Bowstreetがこれまで提供してきたPortlet Factoryは、2006年後半にIBMのソフトウェア製品に統合される見通しだ。IBMはそれまでの期間、自社のWebSphere PortalツールとともにPortlet Factoryソフトウェアを販売する。

 開発者は、Bowstreetのツールを使うことで、社内アプリケーションや各種ドキュメント、データベースなどの情報をポータルアプリケーションに容易に統合することができる。

 IBMがBowstreetを買収した目的は、Bowstreetのツールを使って、さまざまな情報をWebSphere Portalで利用できるようにすることにある。

 Bowstreetは4年前からIBMと提携し、WebSphere Portalにあわせてツールをアップグレードしたり、WebSphere Portalの顧客との密接な関係を築いたりしてきた。両社には共通の顧客が約100社ある。

 Bowstreetは1990年代後半より、ハイエンドなWebサービス開発ツールを販売してきたが、2002年からはポータルアプリケーションを構築するツールに力を入れてきている。同社は2003年にIBMと契約し、それ以来、IBMがBowstreetのPortlet Factoryを再販するようになった。

 本買収に関する金銭的な条件は明らかにされていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集