logo

まるで「ミッション・インポッシブル」--自動消滅するメッセージの送信サービス

Steve Ranger(Silicon.com)2005年12月14日 16時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画「ミッション・インポッシブル」に登場するような、読んだ後に「自動的に消滅する」メッセージを提供するサービスが開始された。

 Staellium UKは、同社のサービス「StealthText」を使用することで、企業幹部らが、自動消滅するメッセージで機密情報を送信できるようになると述べた。このサービスを利用した場合、メッセージは読まれるとすぐ、受信された携帯電話から自らを削除するという。

 まず、メッセージが送信されると、送信者の名前とそのメッセージのURLが記載された通知メッセージを、受信者は受け取る。

 開封されたメッセージは約40秒で自動消滅する。Staelliumによれば、金融サービス会社、芸能事務所、そして英国防省などがこのサービスに興味を抱いているという。

 「自動消滅するメッセージの送信が可能になることは、一般の携帯電話ユーザーから、有名人や経営者まで、あらゆる階層の人々にとって多大な利益となる。ただし、このサービスは始まったばかりだ」とStaelliumの最高経営責任者(CEO)Carole Barnumは声明で述べた。

 「2006年春には、電子メールやボイスメッセージ、さらには写真付きメールを自動消滅させる新しいサービスを開始する。そのため、メッセージや写真が悪意を持つ人間の手に渡ることを心配する必要は、最終的にはなくなるだろう」(Barnum)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集