logo

新ケータイau W32T / au A5515K──Hello Messengerが広げる新コミュニケーションとは? - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
au
内容:この冬にリリースされるNTTドコモ、auのケータイから、新しいコミュニケーション方法であるプッシュ・トゥ・トーク(Push To Talk、PTT)に対応した。auではサービス名を「Hello Messenger」(ハロー・メッセンジャー)とし、「W33SA」「W32T」「A5515K」の3つの対応機種がリリースされた。今回は、W32TとA5515Kの試作機をもとに、Hello Messengerを中心にレビューする。

au A5515K - 優しさあふれるニューフェイス

 続いて京セラ製のCDMA 1X端末に触ってみると、W32Tとは全く違ったモノとしての印象を受ける。とにかく優しいのだ。ボディラインも、薄さを強調するW32Tに対して、厚さ25mm・重さ131gでヒンジから開口部の方向へゆっくりと弧を描く曲線が、柔らかさを感じさせる。

 開いたり閉じたり、ボタンを押してみたり。端末を物理的に動かすあらゆる動作で、音が出ないのだ。今世に受け入れられている端末の中には、開いたときに出る「カチッ」という音にこだわったり、ボタンのクリック感を伝えるために音が出るようにチューニングしたりしていて、使い心地の良さに寄与している。しかしこのA5515Kは、とにかく操作するときに静か。存在感が柔らかく、物静かな存在。これがA5515Kである。

 外装というか、モノとしての存在に感心させられてしまったが、テクノロジも侮れない。323万画素オートフォーカス対応のカメラは、最大で2048×1536ピクセルの画像を撮影することができる。メインディスプレイは2.2インチでシャープ開発のモバイルASV液晶搭載。黒がしまっていて見やすい画面を広視野角で実現している。

 写真を撮ったりメールを打ったりする際などで、自分の好きな角度に端末を構えるシチュエーションが多いケータイにとっては、どの角度から見ても色やコントラストなどが正確に確認できるという点において、この広視野角という要素は重要であると思う。

 コミュニケーション機能も充実している。後に紹介する新サービスHello Messengerの他に、「エモーションメール」に対応。これは届いたメールの件名や本文の単語を解析して、そのメールの意味合いを8種類のアイコン(喜び・好き・困った・重要・怒り・悲しい・普通・癒し)で表現してくれる機能だ。

 受信BOXやメール本文にこのアイコンが添えられるほか、なんと言っても便利なのはメール着信時だ。メールが着信した際、サブ液晶に表示されるメール着信の通知と共にこのアイコンも表示される。サブ液晶から届いたメールの相手とアイコンを見るだけで、本文を読まなくても何となくメールの意味合いを知ることができる。これは病みつきになる。

 カメラについて、この端末でもケータイの壁紙サイズである320×240でチェックしている。夜景は夜景モード、その他はオートで撮影した。W32Tに対して暗いところではノイズが目立つほか、色の表現も少し冷たい印象になっている。しかし白の表現はA5515Kの方が上手。夜景モードの撮影では、やはりノイズの処理の問題なのか、W32Tのようなくっきりとした表現にはならなかった。

 最後に1点だけ。せっかくあらゆる操作の音が静かで、電子的なデバイスとしての要素を全く感じさせない、優しさあふれる端末に仕上がっている。だからこそかもしれないが、カメラ撮影でのオートフォーカスの「じじじ」という音がとても気になってしまうのだ。だからといってあえてパンフォーカスにすべきだとは思わないが、この端末が持つ雰囲気の中での「異音」という印象を覚えてしまった。それだけ、他の使い勝手が優しさあふれるものだった、という裏返しでもある。

  • 2色のピンクと曲線を生かしたボディ

  • 側面には3つのボタンがまとめられ、miniSDカードスロットがある

  • 端末を閉じた状態の背面。ペアダイレクトキーがのぞいている

  • 端末はヒンジ側を底辺に立てることができる

  • フルに開くと、端末は液晶側、テンキー側の2点で浮く

  • キーの間にはフレームがなく、タッチした音はほぼ無音

  • 323万画素AFのカメラとモバイルASV液晶で快適な撮影が可能

  • A5515K作例01: 明るさが足りないところでのノイズが目立つ

  • A5515K作例02: 夜景モードでの撮影。やはりノイズが目立つ結果に

  • A5515K作例03: 夜景と同じ場所でのカット

  • A5515K作例04: 白の表現がキレイな点がポイント

  • A5515K作例05: 少し鮮やかさに欠けるが、ディテールは細かい

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]