logo

NECアクセステクニカ、Ethernet4ポート対応の新旧11a/11b/11g無線LAN子機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECアクセステクニカは、Ethernetタイプの無線LAN子機「AtermWL54SE」を11月末に発売する。従来機では2ポートだったEthernet(LAN)ポートを4ポートに増強し、新11aに対応したのが特徴。同製品と無線ブロードバンドルータのセットモデル2種も同時発売する。

 「AtermWL54SE」は、LANポートを4ポート搭載。DVDレコーダー、ゲーム機など、LAN対応の各種ネットワーク家電を4台までまとめて無線化できる。無線LAN規格は、IEEE802の新旧11a/11b/11gをサポート。11aは、新チャネル(W52/W53)に加え、従来チャネル(J52)にも対応している。

 本体は、リビングでの設置を想定し、縦置き時、高さ100mm(アンテナ除く)のコンパクトサイズとした。横置きも可能で、脱着可能なミントグリーンのサイドパネルがポイントになっている。本体とサイドパネルの間には、同社Webサイトからダウンロードできる専用デザインシート「おめかシート」などを挟むことも可能。

 また、同社独自の簡単無線LAN設定「らくらく無線スタート」に対応しており、従来機「AtermWL54TE」ではいったんアクセスポイントと有線LANで接続する必要があったが、「AtermWL54SE」ではワイヤレスで行えるようになった。「WL54SE」側で1回、アクセスポイント側で2回ボタン操作するだけで、セキュリティ(暗号化)を含めて無線LANの設定を完了できる。

 価格はすべてオープン。実勢価格は、「AtermWL54SE」単体が1万2800円、新11a/11b/11g同時利用タイプの無線ブロードバンドルータ「AtermWR7850S」とのセットモデル「AtermWR7850Sワイヤレスセット」が2万1800円、新11aと11b/11g切替利用タイプの「AtermWR6650S」とのセットモデル「AtermWR6650Sワイヤレスセット」が1万8800円前後の見込み。

 セットモデルは、出荷時に無線LANを設定済みとなっているため、ネットワーク機器を「WL54SE」のEthernetポートに接続するだけで、無線LANを利用できる。また、初回生産分6000台を対象に、サイドパネルの着せ替えパネル1枚をおまけとして添付する。色は、サンセットオレンジ、アクアブルー、クリアーグレイのいずれかで、開封するまでわからない。

-PR-企画特集