タブ対応フルブラウザ「ibisBrowserDX」--FOMA向けに正式リリース

エースラッシュ2005年11月21日 22時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイビスは11月21日、FOMA用のタブ機能対応フルブラウザアプリ「ibisBrowserDX」の正式版をリリースした。正式版は有料となるが、並行して無料の「ibisBrowser」の提供も続ける予定だ。アプリのダウンロードは同社のサイトから可能だ。

 ibisBrowserDXは8月9日からクローズドベータ版として配布されており、無料で制限なく利用できた。今回の正式版リリースにより有料ツールとなる。閲覧ページ数の制限がなくなる「有料モード」の利用料金は年間3000円。決済はWebMoneyのみに対応している。また、1日5ページまでの閲覧であれば無料の「お試しモード」を利用できる。お試しモードは表示ページ数に制限があるものの、有料モードと同じ機能を持っている。

 有料モードの決済はWebMoneyのみに対応しており、100Kバイトアプリのため、FOMA 902i/901i/900iシリーズのみで利用可能だ。無料で提供しているibisBrowserは従来どおり提供される予定だ。

 なお、ibisBrowserDXはibisBrowserとサーバを分離することで安定化、高速化が図られており、タブ機能などを追加して機能面でも強化されている。

 アイビスでは今後、対応タグの増強やレイアウト再現性の向上、アプリの安定性向上、CSSやRSSへの対応などを予定している。

ibisBrowserDXのスクリーンショット。無料版では1日5ページまでの利用に制限される(左)タブは、補助メニューの「タブ切替」を選択すると画面左に表示される(右)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加