アップル、ビデオiPodと新型iMacを発表--動画配信に進出

Ina Fried and John Borland(CNET News.com)2005年10月13日 07時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリフォルニア州サンノゼ発--Apple Computerは米国時間12日、長らく噂にのぼっていたビデオiPodと新しいiMacを発表した。また、音楽ビデオやテレビ番組、映画の購入が可能なiTunesのアップデート版もこれにあわせて公開された。

 同社CEOのSteve Jobsは、当地で行われた報道陣向けのイベントでこれらの新製品を発表した。同氏は、「iPodは大ヒット商品だったが、そろそろ新しいものに置き換える潮時だ」と述べながら、ビデオ再生が可能な新型iPodを披露した。「ご覧の通り、これはビデオを再生できる」(Jobs)

 ビデオiPodは2.5インチのカラー画面を搭載し、カラーバリエーションは白と黒の2種類が用意されている。価格は、30Gバイトモデルが299ドルで、60Gバイトモデルが399ドルで、最大で1万5000曲の音楽、2万5000枚の写真、150時間以上のビデオを保存できると、Appleでは説明している。

Apple CEOのSteve Jobsはビデオ再生機能を持つ新しいiPodを披露した。(動画を見る:Windows Media Video
Steve Jobs、新型iMacを公開(動画を見る:Windows Media Video
iTunesがビデオに対応(動画を見る:Windows Media Video

 Jobsはこのイベントの幕開けにまず新しい「iMac G5」を披露した。このデスクトップコンピュータは先行モデルに形が似ているが、より薄型になっている。価格は1.9GHzのPowerPC G5プロセッサを搭載した17インチモデルが1299ドルで、セッサを搭載した17インチモデル(160Gバイトのハードディスク内蔵)が15万2800円、また2.1GHzのG5プロセッサを搭載した20インチモデルが1699ドル。このiMacは、ウェブカム型のiSightカメラを内蔵し、静止画と動画の撮影が可能。さらに、Apple Remoteコントローラーも新たにバンドルされ、ユーザーが30フィート離れたところからでも音楽や写真、ビデオを楽しめるようになっている。

 Jobsは講演のなかで、iPod Shuffleを大きめにしたほどのサイズがあるこの白いリモコンを使いながら、「Black Eyed Peas」のビデオや「Mr. インクレディブル」のDVDを再生してみせたほか、画面上のホームムービーや写真を映し出しもした。

 今回発表されたiMacとiPodのラインナップは、ついに同社がリビングルームに狙いを定めたことを示すものといえる。このスペースは、Microsoftが「Windows Media Center」で食い込もうとしているセグメントだ。Jobsは、iMacの新しいリモコンと「Front Row」というマルチメディア機能を紹介しながら、ユーザーはこれを使って「ソファーから」音楽やビデオ、写真を楽しむことができるようになると述べた。

 だが、いまのところ、この2つのプラットフォームには非常に大きな違いが残されている。Media Center搭載PCは、テレビやケーブルテレビ用のセットトップボックスのような機器に直接接続でき、TiVoと同様にテレビ番組を録画することが可能だ。

 それに対し、現在発売されているMacの多く(そして、新型iPod)は、テレビ用の出力端子こそ備えているものの、テレビからの入力用端子は付いていない。Jobsは、iMacやiPodのビデオ再生機能だけを強調し、テレビで番組を見ることには言及しなかった。

 実際に、Jobsが強調してみせたビデオはいまのところ小さな画面で観るのに最も適しているものだけだ。360 x 240ピクセルという解像度は、フルスクリーンのテレビやコンピュータ用モニターでの鑑賞用に拡大可能だが、DVDやデジタル録画したテレビ番組の画質には及ばない。

コンテンツの値段

 さらにコスト面の問題もある。iTunes 5の発表からわずか5週間で登場したiTunesの新バージョンを使えば、音楽ビデオを1本1ドル99セントで購入することが可能だ(ただし、DVDなどのディスクへの保存は不可)。

 Technology Business Researchのアナリスト、Tim Dealは、消費者がこの1本ごとに料金を支払うやり方をどう受け止めるかについて自信がもてないと述べている。

 「携帯ビデオコンテンツの持つ格好良さは評価できるが、この価格設定はやや受け入れがたい」と同氏は言う。「消費者は、Yahoo LaunchやComcast on Demandのようなサービスを利用して、音楽ビデオをタダで観ることに慣れている。Appleは、普通のビデオを無料で提供し、限定コンテンツだけに課金すべきだ」(Deal)

 同氏は、「しかしこれは、ビデオ・ポッドキャスティングにとって実に貴重な援軍となり、また独立系のコンテンツプロバイダーに対して新しい配信チャネルを提供することになる」と付け加えた。

 ユーザーは音楽ビデオのほかに、放映から1日経過したテレビの番組も購入できるようになる。提供予定の番組には、ABCテレビの「Lost」や「Desperate Housewives」、Disney Channelの「That's So Raven」なども含まれている。1話分をダウンロードするには10〜20分かかるとJobsは述べた。価格は1話1ドル99セントで広告は入らない。

 この講演では、Disney CEOのRobert Igerが壇上に上がり、JobsとともにDisneyやABCが保有するテレビ番組をiTunes経由で販売することを明らかにした。

 「われわれは、これを画期的な出来事と考えている」とIger。「これは人々が好きな番組をどこでも観られるようにするための素晴らしい機会を提供する」(Iger)

 また、Pixar Animation Studioが製作した6本の短編映画もそれぞれ1ドル99セントで販売されることになっている。

 Appleは先週「One more thing...」というメッセージ入りの招待状を送付していた。このイベントが行われているサンノゼの「California Theatre」は、同社が昨年、iPod U2 Editionと最初のiPod Photoを発表した場所だ。

 Appleは今回のビデオiPod発表に先立って、9月にフラッシュメモリーを搭載した「iPod nano」を発表した。同社の幹部らは11日、nanoへの需要がAppleの供給能力をはるかに上回っていると述べていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加