logo

500円玉サイズの光ディスクが登場--CEATEC JAPAN 2005

文:永井美智子(編集部)、写真:津島隆雄2005年10月08日 00時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は、幕張メッセで開催中のCEATEC JAPAN 2005において、「Micro Data Archive」という超小型の光ディスクを発表した。ディスクの直径は28mmと500円玉程度の大きさで、ディスクドライブはコンパクトフラッシュType-IIのインターフェースを持つ。

 ディスクはROMディスクで、容量は現在500Mバイト程度という。今はDVDと同じ赤色レーザーを使っているが、Blu-ray DiskやHD DVDと同じ青紫色レーザーを使えば1Gバイトまで容量を増やせるとのことだ。

 日立ではこのROMディスクにゲームなどのコンテンツを入れて販売する考え。「HDDやフラッシュメモリの場合、電気的にデータを保存するため記憶媒体の寿命が短い。光ディスクであれば半永久的にデータを保存できる」(説明員)。携帯電話などでの利用を想定しているという。

 今回出展されたディスクドライブはモックアップだが、すでに設計は済んでおり、年内にも試作品を製作するという。ただし商品化の時期については明らかにしていない。

「Micro Data Archive」のディスク(左)とディスクドライブ(右)

-PR-企画特集