logo

3次元空間(空中)に文字や絵を描く新インタフェースをパイオニアが開発

エースラッシュ2005年09月30日 18時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは9月30日、空中に文字や絵が描ける立体映像ユーザーインターフェース「フローティングインターフェース」の開発に成功したと発表した。

 フローティングインターフェースは、2002年に同社が開発した新方式小型パーソナル立体映像システム「3Dフローティングビジョン」を応用・進化させたものである。センサーに囲まれたバーチャルスクリーン上で指先を動かすことにより、指先で空中に文字や絵を描いているような感覚を味わえる。

 ディスプレイの映像は3D用レンズによって集光し、レンズの手前の空間上に結像させる。この映像に、対象物の陰影やコントラストなど心理的な立体効果を高める映像処理を加えることで、裸眼のままでも立体映像を楽しむことが可能だ。3Dフローティングビジョンでは6インチだった画面サイズも、今回は15インチまでアップした。このほか、量産に適したシンプルな構成、映像コンテンツの制作が容易、といった特長がある。

 試作品は10月4日〜8日まで開催する「CEATEC JAPAN 2005」に出展予定である。同社では今後、3Dフローティングビジョンとフローティングインターフェースの技術を生かし、博物館やイベントの展示ツールとしての応用を模索、新たなエンタテインメントの可能性を検討していく。

フローティングインターフェースで空中に絵を描く

-PR-企画特集