東芝、次世代プロセッサCellのチップセットとリファレンスセットを開発

エースラッシュ2005年09月20日 17時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は9月20日、次世代プロセッサ「Cell」とその周辺チップをセットとしたCellチップセット、およびCellを用いたシステムの開発評価用ハードウェアとソフトウェアのセットであるCellリファレンスセットを開発したと発表した。

 CellはIBM、ソニー、ソニー・コンピュータエンタテインメント、東芝が共同で開発したマルチコア・アーキテクチャ採用の次世代プロセッサだ。ソニー・コンピュータエンタテインメントが開発中の次世代ゲーム機「PLAYSTATION 3」のほか、超高速データ転送能力を活用して、大容量メディア・アプリケーションを扱うデジタルメディア機器でも利用可能となる。

 今回開発されたCellチップセットおよびリファレンスセットは、Cellを活用したデジタルメディア機器やコミュニケーション機器等の企画・開発の促進を目的としている。

 Cellチップセットは、Cellプロセッサのほか、Cellと外部の画像・音声入出力機器をつなぐインターフェース・チップ(Super Companion Chip)、Cell駆動に最適な電源システム・チップで構成されている。

 また、Cellリファレンスセットは、Cellチップセットと各種インターフェースなどを実装した基板、システムの安定動作に必要な冷却装置などを筐体に収めた開発支援セットで、DVDやHDDドライブなどの周辺機器も組み込まれている。OS等の基本ソフトウェアやミドルウェア、開発環境も用意されており、これらをセットとして組み込むことで開発者のニーズに応じた迅速な動作検証が可能となり、ハードウェア/ソフトウェア開発の両面から応用システムの開発期間の短縮やコスト削減ができるという。

 販売開始時期は2006年4月以降の予定で、Cellおよび周辺チップの供給体制および提供する技術ドキュメントを整備するとしている。東芝では、10月4日より開催される「CEATEC JAPAN 2005」においてCellチップセットおよびCellリファレンスセットを展示し、Cellリファレンスセットを用いたデジタル機器のデモンストレーションを実施するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加