海外でも使えるGPSナビ--ボーダフォンの世界初サービス

永井美智子(編集部)2005年09月07日 18時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボーダフォンは9月7日、GPS機能を利用したナビゲーションサービス「Vodafone live! NAVI」を10月上旬に開始すると発表した。英国など海外でも使える点が特徴だ。同日発表された東芝製の第3世代携帯電話(3G)端末「903T」で利用できる。

 GPSによる位置情報と基地局情報を組み合わせてユーザーの現在地を把握するネットワークアシスト型のサービスだ。これにより、GPSだけを利用する場合に比べて場所をより正確に把握でき、測位時間も短縮できる。ボーダフォンによると、海外ローミング先でも利用できるネットワークアシスト型のGPSナビサービスは世界初という。

 現在地の確認や周辺情報検索、目的地までの最適ルート検索のほか、自分の居場所や目的地を第三者にメールで知らせるサービスなどが利用できる(画面)。自動車の移動速度にも対応するといい、助手席に乗った人がカーナビゲーション代わりに使うこともできるという。ただし、それぞれのサービスを利用するには、コンテンツプロバイダとの契約が必要だ。

 対応コンテンツは、ゼンリンデータコムのナビサービス「ゼンリンいつもナビ」、三井物産の地図サービス「ケータイ地図MapFan」、エディアの交通情報サービス「ナビダス渋滞予報」など12種類。Vodafone live! NAVI自体は無料だが、それぞれのコンテンツ利用料や通信料が必要となる。

 また、海外では英国、オランダ、スペイン、ドイツ、香港の5カ国で利用できる。海外ではゼンリンいつもナビ、ナビタイムジャパンのナビサービス「NAVITIME」、日本エンタープライズの旅行情報サービス「地球の歩き方」の3コンテンツがVodafone live! NAVIに対応する。

GPS機能を搭載した903T(左)と、音楽再生機能を強化した803T(右)

 ボーダフォンは同日、3G端末2機種も発表している。Vodafone live! NAVIに対応した903Tと、音楽再生機能を強化した東芝製端末「803T」だ。

 903TはGPS機能を搭載した日本専用モデルで、Vodafone live! NAVIに対応する。また、192万画素のオートフォーカスカメラと2.4インチのQVGA液晶を搭載し、Bluetoothに対応する。

 803Tは音楽プレイヤーとしても利用できるよう、端末を閉じた状態でも楽曲の選択、再生、停止ができるボタンを前面に配置した。また、本体に同梱されたリモコン付イヤホンマイクでも操作ができる。楽曲を再生しながらメールの送受信やウェブの閲覧も可能だ。226万画素のカメラや2.2インチのQVGA液晶、ステレオツインスピーカーを搭載する。803Tは海外でも販売される予定だ。

 発売日は903Tが10月上旬以降、803Tが10月中旬以降になる。市場での販売価格は903Tが2万円台前半、803Tが1万円台後半となる見込みだ。

 なお、同社の8月末の契約者数は1498万8200万件で、前月末に比べて3600件の微増となった。全契約者に占める3G端末の割合は前月末比1.1ポイント増の10.6%となり、3Gへの移行が進んでいることがうかがえる。

画面.「ゼンリンいつもナビ」では、地下鉄の出口から見た写真が表示され(左、国内のみ対応)、海外の地図も見ることができる(右)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加